知になるピープル
 知になるピープル
04 22 水 今日のsalitoté

salitote9周年を迎えました!

「現実は、現状は、人はどうあってもそれでも私は…と思う心に、ほんとの自由があるように思う」
salitoteを始めるときに掲げた言葉です。
そう思い積み重ねて来て、少し思いが変わりました。「現実、現状、人がこうあるからこそ、私は…と思う心が生まれる」と。世界とのつながりがあってこそ、私がある。自由で新しい私よ、しなやかであれ。
salitote・魚見幸代
(写真はハワイ島で見た夏至の朝の虹)
全部見る

recentcimments

  • ビビアン: 某校長先生の男子の中高時代は蝶の蛹の時期。手を出さず、見守ってください。は女子にも当てはまるかもしれないですね。私も自分...
  • 市民: あと、当時の日本軍に関する記載には、多分に情緒的な記述が見られるように思います。 敗戦後も満州に残って治安維持にあ...
  • 市民: 朝鮮人が日本人の助命嘆願をしたというのは、初めて聞きました。 誰しも美談を作りたい気持ちがあるのは分かりますが、創...
  • 恋は雨上がりのように: ふじさんはナコーンパノムで3年過ごしたら実家の駒ヶ根市小町屋に帰国するといっていたので今は奥様と仲良く暮らしていると思い...
  • 鮎川: 若い芸人にこそ読ませたい。 一発屋にしかなれないには理由があるんだね。...
  • あさ: 読めて良かった 感動しました...
  • EN: 少しお金に余裕があるときは、やや高いものを買い、サンタになりすまし、プレゼントしたこともありましたが、手作りのもので、ふ...