salitoté(さりとて) 歩きながら考える、大人の道草ウェブマガジン

今日のsalitoteアーカイブ


02 04

ウマそうな花で立春

レイメイキングの師UMAHANAさんのところで撮らせてもらったフラワーアレンジ。UMAHANAというお名前はハワイを感じさせるけど、「ウマそうな花」からつけられたそうだ。代表の大谷さんがつくるレイやフラワーアレンジは本当においしそう。実際には食べてしまわないけれど、生きているお花が与えてくれる栄養は、人の生気の素になると思う(う)。

02 03

春節

今日は旧正月で新月で節分。新旧と2度も清々しい気分になれるってなんだかいいなあ(そういうことじゃないかな?)。なにかを始めるにふさわしい日ということで、引っ越し先の鍵をもらいに。そして新しい街にごあいさつ。どうぞよい一年になりますように(う)。

02 01

2月吉日

失効してしまった運転免許の技能試験。3度目にしてついに合格! いくつになっても合格ってうれしいものだなあ。2回も落ちたし…。これからは引っ越しをしたら、ちゃんと住所変更届けを出そうと心に誓いました。ちなみに写真と本文は関係ありません。2月に入って初日。うれしいことが2つもあったので、気持ちをあらわしてみました(う)。

01 30

失敗の夢

先日、NHKで再放送されたイチロー選手と糸井重里さんの対談の中で、イチロー選手はシーズン中にいつも試合の夢をみると言っていた。ヒットやホームランを打つ夢を見たときは、朝がっかりし、エラーをしたときは、夢でよかったと思うと。そして、シーズンが終わるとパタっと野球の夢は見なくなるそうだ。私はほとんど夢を覚えていないが、久しぶりにみたのは、今日の飲み会の準備ができずに、その時間になってしまった夢。…緊張感がなさすぎる自分にがっかりした(う)。

01 29

「ジャライノール」と「光男の栗」

2本映画を見たのは、かなり久しぶり。ポレポレ東中野で上映されている「ジャライノール」と「光男の栗」。どちらも中国のチャオ・イエ監督作品。どちらも今日初めて知った作品だけど、ご縁があったというか。いま、自分が求めているものを教えてくれた映画だった(う)。

01 27

元気をもらう

くるりのニューアルバムツアー「言葉にならしまへん、笑顔を見しとくれやしまへんやろか」ライブに行った。元気をもらった。よく、そういうことを言うけれど、こんなにはっきりと「元気」をもらったなあと思ったのは久しぶり。岸田くんは、きっと性格ややこしいんだろうなあと勝手に想像したりするけれど、とにかく「元気」をもらった。お金で買おうと思っても、買えないもの(う)。

01 26

昭和の怪物伝

悪名の棺ー笹川良一伝」工藤美代子・著 幻冬舎
しかしまあ戦前戦後の激動の時代には、なぜこれほど人間の極限みたいな血中濃度の高い傑人カリスマが多いのか・・・ 昭和の黒幕、政財界のフィクサー、右翼のドン、誉れ高きタブーをまとう日本のゴッドファーザー・笹川良一の人物伝。’65〜70年代生まれの同世代ならご存知、モーターボート競争会のCM。「一日一善!」「人類みな兄弟!」と仏の笑みを浮かべる笹川会長に底知れぬ怖ろしさを本能的に感じていたはず。その得体の知れない権力、善悪混然一体の巨万の富、謎だらけの人物像に迫りたい方はぜひ。さらに来年の大河ドラマは「良一伝」を仲代達也あたりで、ぜひ!(た)

01 25

うっかりに注意

恥ずかしながら、うっかり運転免許を失効してしまった。1年近く過ぎていたので、学科試験と技能試験を再受験。この技能試験(路上)がくせ者。長年の運転のクセがついてしまっていて、右折や左折のときに、ちょいとハンドルをきってしまう。それが原因でもう2回も落ちた(涙)。これまでの人生でいちばん痛い、うっかり(う)。

01 22

が〜まるちょば 新プロジェクト

サンシャイン劇場で行われている、サイレントコメディーデュオ

が〜まるちょばの新プロジェクト第1回公演に行ってきた。ふたりの、これまで成し遂げてきたことがあるからこそ、新しい一歩に挑戦できるんだなぁ。そしてお客さんが、その挑戦を温かく見守っていた。名作「街の灯」も見応えあった。そしてケッチ!の女役はやっぱり最高!(う)

01 20

やられた広告

体を張って額に汗して働く男たちのウェアブランド、「自重堂」の雑誌広告。
久々に、痛恨の一撃。

『何のために働くのか、自分に問いかけながら、男は働く。かいた汗の分だけ自信が積み重なって、実力に変わる。気がつけば、仕事着がいつの間にから自分の形になっている。働く俺を着るー 自重堂のワークウェア』
ここまできたらワークウェアではなく、ソウルウェアと呼びたい。ああ、ブルースが聴こえる・・・小林旭の(た)


01 19

ひとつでも饅頭とはこれいかに

内海桂子師匠の取材にうかがったとき、ご馳走になったお饅頭。「来てもらった人にはかならず食べていただくんです」と師匠。できたてのふっかふかでした。もてなしの心を教えていただきました(う)。

01 18

新メンバー加入

本日より新メンバーの連載が開始となりました。ペンネーム「trapeze」=空中ブランコという意。題名「平気で手を離してまた会いたい」は、空中ブランコを他人との関係になぞらえて、身を委ねる時もそこから手を離す時も、過剰な心配なく堂々と関係を築きたい。自信をもって「じゃあまたね〜」と手を離してまた会いたい、という切なる願い…。から付けられています。今後ともよろしくお願いします!

01 17

忘れない

今日は阪神大震災の発生から16年目の日。そして、無二の友、写真家・中山万里の3回目の命日。年に1度だけ、いっしょにつくった写真集「空地への感謝」を開く。毎年この日を迎えるたび、尼崎に生まれた彼女が意図して、この日を選んだように思えてならない。彼女が大好きだった共通の友人の誕生日でもある。忘れないよ。本当に本当に、いろんなことがあったこと。忘れない(う)。

01 16

マジックラジオ 12th

「笑いと音楽で世界平和を!」をテーマに、トーク、音楽ライブ、ダンスを盛り込んだ子どもから大人まで楽しめる新しいエンターテインメントショー…って、そんな大袈裟な〜笑。つまりは、芝居や司会や歌のおにいさんや、とにかくおしゃべり大好きな福山しゅんろう氏のワンマンショー、である。基本ひとりで12回もやってて、毎回、満員になるという、その謎を探りに行ってみても、いいかも?京都だけど。
日程:1月31日(月)@MOJO WEST
詳しくはこちら

01 15

たこ焼きハート

外も寒い、世間も冷たい、心も凍える。そんな夜はナニはなくとも「たこ焼き」なり。
最悪、タコはなくても、小麦粉とソースさえあれば何とかなる。と思ったら生きていける、そんな気がするたこ焼きハート。
ちなみに以前取材した大阪コナモン協会の会長さん、「たこ焼きはおっさん、お好み焼きはおばはんが焼いてる店がうまい!」と、なぜかはわからんけど「そんなもんや」と遠い目で力説。ま、大阪観光のご参考にでも(た)

01 14

無言の力

ほぼ日の今日のダーリンで、ことばの超能力について書かれていて、ふむふむ。うんうん。と思いながら横にいる犬をみて、無言の超能力もなかなかのものだと思うのである(う)。


01 13

ムダな奇跡を呼ぶよしお

深夜TVにて。マイケルジャクソン「SMOOTHCRIMINAL」の冒頭シーン
5m先のジュークボックスにコインを投げ入れるマイケルの神業に小島よしおが挑戦。投げ続けること10時間。8,500回以上ものトライで奇跡の瞬間が訪れた。何のためかわからないムダなことをやり続ける。それが人間の常識を超える、奇跡の神業。真理って、恐ろしいほど割り合わんもんやわ。(た)

01 12

マナガツオさん

東京で、マナガツオが届いたよ、と友人を招待すると、決まって「鰹じゃないの〜?」と驚かれる。そう、マナガツオさんは、かわいい顔した白身のお魚。しいていえば、サワラとかに似ているだろうか。でも私は断然マナガツオ派(う)。

01 10

夜のお仕事のおとも

このところ欠かさず冷蔵庫に入っている「ほろよい」。夜がふけてくると、ちょっと気をぬきたくなる。そんなときにぴったりなんだな〜(う)

01 09

問題です

熱唱しているのはどの曲でしょう?
1.「千の風になって」秋川雅史
2.「ff(フォルティシモ)」ハウンドドッグ
3.「太陽の破片」尾崎豊

01 07

長く愛でたい梅の花

遅ればせながら、近所の熊野神社へ初詣。
境内の梅が咲きほころぶ姿に、「う〜ん、どうも桜より地味」と華やぎを求めてしまう自分は、長く愛でられない女である。とは、亡き母の弁。その昔、母がOLだった頃、親友のぽっぽちゃんと初梅を眺め2人それぞれつぶやいた。「長く咲いて実を結ぶ梅の花が好き」と言うぽっぽちゃん。「ぱっと咲いてぱっと散る桜の方がきれいやわ!」と言い放つ母。
それから30年ー。穏やかで幸せな夫婦生活を送るぽっぽちゃんと、いつ見ても波瀾万丈な自分を引き比べ「やっぱり女は梅の花じゃないとあかんな」。花だけのせいじゃないと思うが、一理あるかも。

01 06

ひなたぼっこ

0106.jpg
もう、そろそろ仕事にエンジン
かけなければ…、だけれども
東京はこんなにお天気がいいので
お日様のあたたかさを
感じる時間があってもいいかな(う)

01 05

プチ新年会

0105.jpg
昨夜はsalitote編集部でプチ新年会。関西風すきやきをつつきながら2011年のsalitote抱負を語り合いました。「抱負」っ て「負を抱える」って書くんだな〜。語源は「抱」は心に抱くことから 「思い」。「負」には「負う」が転じて「頼みにする」。「抱負」で 「心に頼みとすることを思う」という意味が狭まり、「心に抱く考え」 となったそう(大漢語林より)。「負を抱える」って言葉のままにとらえても、覚悟を決めるって感じがする。いい言葉だな(う)。

01 04

2011年目標

0104.jpg
毎年、仕事始めにその年の目標を書いている。今朝、神社にお参りに行き、お札をいただいてふと思った。「仕事始めに書くわりに、いつも個人的すぎないか…」そう。ここ2年の目標は「ディズニーシーに行く」だった。しかも行けていない…。今年は心を入れ替えて、お務めの目標を記した。今更ながらでも、気づけただけ、よかったとしよう(う)。

01 03

が〜まるちょば

0103.jpg
1999年に結成されたサイレントコメディー・デュオ「が〜まるちょば」。初めて彼らのパフォーマンスを観たのは、結成当初の約11
年前。ひとこともじゃべらないのに、頭が痛くなるくらい、笑いに笑った。「世界が尊敬する日本人」に選ばれるくらい大活躍していて、テレビでもみかけるけれど、やはりライブでないと、おかしくなるほど笑えない(苦笑)。「言葉を一切使わない役者集団」が〜まるちょば新プロジェクトの第1弾が今月末公演される。
詳しくはこちらが〜まるちょば公式サイト

01 02

インビクタスー負けざる者たちー

0102.jpg
ジョン・カーリン原作のノンフィクション小説をクリント・イーストウッド監督が映画化したドラマ。自国に誇りをもつことの尊さを思った。オリンピックやワールドカップで日本選手の活躍に歓喜するその思いを、日々に生かすにはなにが必要なのだろうか(う)。
インビクタスー負けざる者たちー

01 01

謹賀新年

0101.jpg
あけましておめでとうございます。
うさぎ年。ぴょんぴょん先走ったつもりで
道草をしては、おいてけぼりをくらったり
しちゃうのでしょうか。
でも、そんな道草の間に、なにか
愛しいものを見つけられるのではないかと
思ったりしています。
本年もどうぞよろしくお願いします!(う)

12 31

はじめての黒豆

1231.jpg
思い立って、はじめての黒豆煮に挑戦。
できあがりまで、まる1日(冷ますまで)。
この時間の流れがとても心地よかった。
いつも母から「黒字になるように
願いを込めて食べなさい」と言われていたが
あらためて調べてみると
「まめに(健康に)暮らせるように」という
意味だということが判明。
でも明日も「黒字になりますように」と
願おう(う)。

12 30

新メンバー加入☆

1230.jpg
来年より麗しの20代女性がsalitoteメンバーに
加わることになりました!
12月特集「生まれ順メモリアル」で
素敵なイラストを描いてくれた
trapezeさん(写真右)です。
昨夜は麻布十番の韓国料理屋さんで
歓迎会。話のネタは「トラウマ」
いつか特集テーマに取り上げたいと思います。
どうぞよろしくお願いします!

12 29

年末年始に読む本(詐欺)

1229.jpg
年末年始はしっかり本を読んだりしようと購入したもの。だいたいこういうときに買ったものは(いや、ほぼそうだけど)買って満足してしまうのだ。ラインナップをみると、内田樹さんの『街場のメディア論』にある「読書暦詐欺という知的生活」「本はなんのために必要か」あたりのお話のとおり、「自分からみて自分がどういう人間に思われたいか」そのもの…。そして『本は読めないものだから心配するな』(管啓次郎)の横に収まって行く…(う)。